自然派ワインとは?

「自然派ワイン」「ビオワイン」「ナチュール」

専門のワインバーもたくさん増えるほど「ナチュラルワイン」は今大ブームです!!

「身体に良い!」「二日酔いになりにくい?」など、色々な話が多いですが、実際はどうでしょうか。

 

実は自然派ワインと名乗るのには明確な基準がありません。出来る限り自然に近い状態でつくっているワインのことを呼んでいます。

この記事では自然派ワインの魅力について書きました。自分にピッタリのワインを見つける手助けになりますように。

 

「自然派ワイン」に対する明確な基準はない!!

実は「自然派ワイン」に対して明確な基準はありません。裏を返せば、自分が自然派と思えば名乗れるということです。

とはいえ、多くの自然派ワインの基準になっているのはコチラです。

・自然を尊重し自然との共生をモットーに化学肥料等を使わずブドウを栽培すること

・できるだけ添加物を使わずナチュラルな味わいを大切にすること

できるだけ添加物を削減したワイン……言って良いと思います。

造り手によって基準は異なるので、ワインのプロフィールを確認しつつ自分の求める自然派ワインを探したいところです。

 

「オーガニックワイン」「有機ワイン」とは?

自然派の他に良く聞く名前として「オーガニックワイン」「有機ワイン」があります。

 

「オーガニックワイン」→有機農法(無農薬・無化学肥料・無除草剤など)で栽培されるブドウから造られたワイン。名乗るのは自由!

「有機ワイン」→日本で販売するときも農林水産省による厳しい基準をクリアしたワイン。有機JAS認定マークがある。

 

「有機JAS認定」があればOKと思われがちですが、実はこれは有機農法で造られた「ブドウ」への基準であって、ワインへの基準ではないのです。

 

「自然派ワイン」はなぜ高い!?

基準がないにも関わらず、なぜ「自然派ワイン」は高いのでしょうか?

それは自然派ワインは『手間暇かけて造っている分コストがかかる』からなのです。

逆に激安の「自然派ワイン」が売っていたら、いろいろ確かめてみてください。

もちろん、様々な理由で安く売る事のできる自然派ワインはあります。その理由を聞いてみましょう!

 


私にワインを教えてくれた方の言葉を借りると、日本で流通しているワインのほとんどについて「ロマンもなにもない!」そうです。

 

世界の各地で同じ味で飲めるように工夫しているのが、画一的なワインです。

いつ、どこで飲んでも同じような味のワインを手頃に飲めるようにするためには、機械で収穫し、発酵(酵母)から、補酸、補糖・・・そしてさらに味わいの調整を行います。

しかし世界中で同じように売れるので大量に造って安価で売ることが可能です。

 

自然派ワインは「昔ながらの造り方」をしているワインともいえます。

機械と農薬に頼るワインが主流になった時代を経て「原点回帰」してワインの造り方を見直すようになった生産者が最近非常に多くなってきたのです。

農薬に頼らずに育てた葡萄を手摘みで収穫し、自然酵母を使い、時間をかけて醸造を行います。

自然な造り方をするということはリスクもありますし、生産量は多くありません。

 

そのため自然派ワインは値段が高いものが多いのです。

 

身体に良いし二日酔いにならないってホント?

多くの自然派ワインは「自然なもの」という意味では身体に良いです。

大量の農薬や、化学的な味付けを行っているものに比べて、身体に優しいのは事実です。

しかし先述した通り、明確な基準はないということは覚えておきましょう。

 

二日酔いについては、色々な話もありますが・・本当のところは今も分からないのです。

 

もし「自然派ワインだと二日酔いしない!」というなら『高いものが多いのでガブガブ飲まない!』というのが一番の理由だと個人的に思っています。

 

お酒は適量を、そして水を一緒に飲むことを忘れずに!

きちんとしたレストランではワインと一緒に必ず水もサーヴしてくれます。

 

ワインの味は自分のコンディションによっても違う!?

ワインは生き物だと良く言います。

同じワインでも「こないだ飲んだ時はイマイチだったのに今日飲んだら美味しい!」と感じた経験ありませんか。

ワインというのは、決して受け身のものではなく飲む側のコンディションも大きく関わってくるものです。

それを特に感じやすいのが、自然派ワインなのです。

 

言葉に惑わされず!色々試してみましょう。

飲むたびに変わる味わいを楽しめるのが自然派ワインの魅力です。

また、インポーターが仕入れたタイミングでちょうど買ったり、お店に入荷したタイミングで出会ったり、そんな一期一会があるのも自然派ワインの魅力です。

ぜひ色々試して、お気に入りのワインを探してみてください。